プロ経営者の松本晃氏は、会長兼最高経営責任者(CEO)としてカルビーを率いた2009年から18年の間、働き方改革を大胆に推進しました。当時から「僕は午後4時には仕事を切り上げる」「社員も仕事が終わったなら午後2時でも帰ればいい」と公言していた松本氏。現在多くの企業が取り組む働き方改革について、その「元祖」である松本氏はどうみているのでしょうか。

专业经营者松本晃先生,身为会长兼首席执行官(CEO),在2009年至2018年间率领卡乐比,大胆推进了工作方式的改革。从当时开始,松本公开表示“我下午4点就结束工作”,“一般员工如果工作结束了,下午2点也可以回去”。有关现在许多企业在开展的工作方式改革,作为其“始祖”的松本先生又是如何看待的呢?

働いた時間より、出した成果に意味

工作成果比工作时间更有意义


働き方改革が今、世の中のブームになっていますが、そもそも何のためにやるのかという大枠の議論が欠けているようにみえます。一番大事なところを議論しないで、長時間労働がけしからんとか、過労死をどう防ぐかとか、各論が先行してしまっている。だから思うような成果が出ないんです。

工作方式改革现在正成为一股社会热潮,不过,从根本上看似乎缺少关于为何而进行的大框架讨论。不讨论最重要的问题,却先研讨诸如长时间的劳动是不可理喻的,怎样防止过劳死等议题,各种议论已经先喧宾夺主了。所以才没有取得预期的成果。

 

歴史的にみれば、戦前の日本、戦後の高度経済成長時代の日本、そして高度成長が終わって世の中のパラダイムが大きく変わってからの日本は、まったく違います。まず、それをしっかり認識してから議論しないと改革はうまく進みません。

从历史上来看,战前日本,战后经济高速增长时代的日本,以及经济高速增长结束后,世间范式发生了很大变化之后的日本,是完全不同的。首先,讨论如果不充分认清这一点,改革就无法顺利进行。

 

今も続く様々な日本のあしき労働慣行は、高度経済成長を実現するには最適な働き方でした。だから僕は、当時の働き方にケチをつけるつもりはありません。しかし、ビジネスモデルから何からすべて変わってしまった現在、同じように続けてもうまくいくはずはない。それも確かなんです。

至今日本仍在延续的五花八门的不良劳动惯例,是当时实现经济高速增长的最合适的工作方式。所以我不打算对当时的工作方式泼冷水。但是,现在从商业模式到其他一切都发生了变化,如果一切照旧延续的话就不可能走得顺利,实际也确是如此。

 

バブル経済がピークを迎えた1990年ぐらいまでは、仕事の成果は働く時間に比例していました。だからみんな必死で長時間働いた。しかし今は、時間と成果はまったく比例しません。長時間働いたからといって、いい成果は出ない。だから僕はカルビーの会長兼CEOに就任して早々、就業規則を見直して働き方を劇的に変えたんです。

泡沫经济迎来巅峰是在的1990年左右,工作成果与工作时间成正比。所以大家都拼命长时间工作。但现在,时间与成果根本不成正比。长时间工作也拿不出好成绩。所以我就任卡乐比会长兼首席执行官后,就重新审视了就业规则,戏剧性地改变了工作方式。

 

「ノー残業デー」をもうけて強制的に労働時間を短くするようなやり方は、以前からありました。でも僕の改革のポイントは、働いた時間でなく成果で評価するようにした点です。会社が求めるのは成果なんです。

打造“不加班日”,强制缩短劳动时间的做法,从以前开始就有。但我的改革的重点不是工作时间而是用成绩来考核。公司所追求的是成果。

 

もちろん残業した場合には、残業代は払いました。法律を破るわけにはいかないから。でも残業代なんか本当は払うべきじゃないと思っていました。長時間労働なんて何の自慢にもならない。しかし、いまだに昔の働き方が最適だと思っている人が、日本にはたくさんいる。これが問題なんです。特に働かせる側の問題が大きいです。平気で長時間労働させるブラック企業は、時間はかかるかもしれませんが自然淘汰されますよ。

当然加班公司会支付加班费,因为不能违反法律。但是我觉得加班费其实是不应该支付的。长时间劳动这事没什么可吹嘘的。但是,在日本还是有很多人认为以前的工作方式最合适,这是问题所在。尤其是要求工作一方的问题很大。满不在乎要求员工长时间工作的黑心企业,虽然可能需要一定时间,但会自然而然被淘汰的。


高度成長時代を引きずる労働慣行

给高速增长时代扯后腿的劳动惯例


皆さん残業?なかなか明かりの消えないオフィスも。

大家都加班?灯火难熄的写字楼也如此。


働き方改革の本質をとらえるには、現在の労働慣行の成り立ちを知っておく必要があります。今の労働慣行ができた背景には、戦後から高度経済成長期にかけての深刻な人手不足があるんです。

要认清工作方式改革的本质,需要了解当前劳动惯例的沿革构成。现在的劳动惯例的形成背景是,从战后到经济高度成长期的严重人手不足。

 

会社側からすれば、人手を十分に集められないので、すでにいる社員一人ひとりに少しでも長い時間働いてもらうしかない。そのために残業手当をつけた。その方が、もう一人雇うよりはるかに安いですから。ただ、昼間と同じ賃金では働いてもらえないので、国と一緒になって法律を変え、何時以降は何%アップといった割増賃金の仕組みをつくったんです。

从公司方面来说,因为招不到足够的人手,所以只能让已在岗的每位员工多花哪怕一点时间来工作,公司为此发放加班费。因为这样比再雇一个人便宜得多。只是,因为没有和白天一样工资工作,所以和国家一起改变法律,制定了从几点以后提高百分之几的上浮工资结构。

 

働く側の事情もありました。昔はみんな貧しかった。田舎から集団就職列車で上京し、仕事を探した。「あゝ上野駅」の時代ですよ。さらに、みんな物質的な豊かさを求めていたから、洗濯機が欲しい、テレビも欲しい、車も、家も……。あれも欲しい、これも欲しいとなると残業手当が必要になる。だからみんな喜んで残業したんです。

还有工作方面的情况。以前都很穷,从乡下乘集体就业列车上东京寻找工作,那个时代大家会惊叹“啊,上野站”。而且,因为大家都追求物质上的富裕,所以想要洗衣机,也想要电视,汽车,房子……那也想要这也想要的话,就需要加班津贴。所以大家都开心加班了。

 

人手不足に対応するもうひとつの新しい仕組みが、終身雇用です。社員に途中で辞められたら困りますから。そして、それがうまく機能するように「年功序列」と「給料の長期後払い」をとり入れた。「わが社でずっと働けば、地位も給料もどんどん上がりますよ」と言って社員のモチベーションを高めたんです。

解决人力不足的另一个新机制就是终身雇佣。如果社员中途辞职的话,公司会难办。并且,为了能很好地发挥该机制作用,还导入了“按资排辈”和“工资长期延迟发放”.。向员工宣导“在一直在我公司工作的话,地位和工资都会不断提高”,提高了员工的积极性。

 

ところが、終身雇用や年功序列は大きな矛盾を抱えていました。一般に人間のパフォーマンスは年齢とともに上がりますが、ある年齢に達すると逆に落ち始めます。年功序列の下では、仕事のパフォーマンスは落ちるのに給料は上がり続けることになるんです。

然而,终身雇佣和按资排辈有着很大的矛盾。一般来说,人的表现会随着年龄的增长而增加,但是到了某个年龄,反而会开始下降。在按资排辈的情况下,虽然工作表现下降,但工资却会持续上涨。

 

この矛盾を解消するために採用したのが、定年制度でした。終身雇用と言いながら実際には終身でないのは、そもそもおかしいと思いませんか。そうなったのはこの定年制度のせいです。60歳になったらみんな一斉に会社を辞めてもらう。今はみなさん60歳でも若いですが、平均寿命が70歳そこそこの時代には、かなり「お年寄り」でした。だから、そこで線を引いたわけです。

为了消除这个矛盾而采用的是退休制度。虽说是终身雇佣,但实际上不是终身,你不觉得很奇怪吗?变成这样原因在这个退休制度。到了六十岁,公司让大家一齐辞去公司工作。现在大家60岁也还年轻,不过,在当时平均寿命70岁左右的时代,60岁可是相当的“高龄人”。所以,才在那个年纪画了条线。


当たり前ができない日本の会社

没能理所当然的日本公司

高度経済成長期に固まった働き方の仕組みが行き詰まっている。

在经济高度增长期固化的劳动方式结构正走投无路。


会社が「パフォーマンスが落ちてきた人にたくさんの給料を払うわけにはいかん。そろそろ辞めてほしい」と言うのが定年制度で、それについてくるのが退職金制度です。これには給料の長期後払いという意味もあるんですが、なかなか辞めると言わない社員に「手切れ金」を払うようなものでもあるんです。

公司“不能给那些工作表现下降的人支付很多薪资。差不多该辞职了”,这说的就是退休制度,随之而来的是退休金制度。这也含有工资的长期延付的意思,但也相当于给不轻易辞职的员工类似“分手费”的东西。

 

年金制度も、定年制度がうまく機能するように整備されました。働きながらコツコツ貯金し、会社を辞めたら退職金と年金をもらう。これで働く人たちやその家族はお金に不自由することなく余生を過ごすことができるようになったんです。ところが、平均寿命が80歳を超えるようになって、この一連の仕組みが立ち行かなくなった。それが現状です。

养老金制度也是为了使退休制度能够很好地发挥作用而配备。工作时勤勤恳恳存钱,从公司辞职后领取退休金和养老金。这样一来,劳动者及其家属就可以无忧无虑度过余生了。然而,当平均寿命超过80岁时,这一系列结构就无法运作了。这就是现在的状况。

 

仕組みが破綻しているのに、いまだに終身雇用とか年功序列を続けようとしている企業がたくさんある。最近、経団連が大学新卒の一括採用を見直すというニュースがありましたが、僕は前から一括採用なんてくだらないことはやめた方がいいと言ってました。

虽然这种结构维系不下去,但仍有很多企业想要继续终身雇佣或按资排辈的制度。最近,有消息说经团联要重新考虑大学毕业生的一揽子录用,但是我以前就说过一揽子录用这类无聊的做法早点了结的好。

 

なぜ4月1日に一斉に入社する必要があるのか。しかも、入ったら、だれもかれもみんな同じ給料。そんなおかしなことはありません。この人はできそうだから40万円出そうとか、この人は30万円からスタートとか、差があって当然です。働き始めて、成果が出せなかったら下げる、成果が出たら上げる。それが当たり前ですよ。その当たり前のことができていないのがこの国なんです。

何必四月一日一齐进公司?而且,一进去人人薪资一样,简直岂有此理。这个人看起来挺能干好像能给他40万日元,这个人从30万日元开始,当然是有差别。开始工作后,不能出成绩就下调,有成绩就上涨。这是理所当然,而这个国家就是这些理所当然的事情都没办到。

カテゴリー: 日中両語

0件のコメント

コメントを残す