仕事や家庭などさまざまな場面で感じる「生きづらさ」が日本人に蔓延している。30~55歳までの男女2000人を対象にしたアンケート調査でも64.5%の人が生きづらいと感じている現代社会。もはや国民病とも言える、その病理に迫る!

在工作和家庭等形形色色的场景下感到“活得好累”的日本人正在蔓延。一项以2000名30到55岁的男女为对象的问卷调查显示,64.5%的人感到活得好累,在这样的现代社会里,这可以说是国民疾病,搞清病理刻不容缓。

 

幼少期の親との関係で自己肯定感が低下する

受童年时代和父母的关系影响自我肯定感不足

 

繊細すぎる感性を持つ『HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)』という気質や発達障害など注目を集めているが、精神疾患に分類される「複雑性PTSD」も生きづらさを生む要因とされている。
感性太过纤细的“HSP(Highly Sensitive Person)(高敏感度)”的气质和发展障碍等因素受人瞩目,但一般认为被归类为精神疾病的“复杂性PTSD”也是导致觉得活得好累的重要原因。

 

「阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件の後に『PTSD(心的外傷後ストレス障害)』が広く世に認知されましたが、命に関わるようなトラウマ体験に遭遇せずとも、家族との不遇な関わり、いじめなどを体験することで、本人の自覚のないうちに心に深い傷が残ることがあります。こうした傷が積み重なると、他人への恐怖感や不信感、自己肯定感の低下に繋がることも。これを『複雑性PTSD』と呼びます」(精神科医・坂本誠氏)

阪神淡路大地震和地铁沙林毒气事件后,“PTSD(创伤后应激障碍)”就广为世人所知,即便没有遭遇性命攸关的创伤经历,但经历过与有关家人的不幸、被人欺凌等体验,也会在本人不自觉下在内心深处留下伤痕。这类伤痕不断累积,有的就会衍生成对他人的恐惧、不信任、自我肯定度低下等。这叫做“复杂性PTSD”。(精神科医生.坂本诚)

生きづらさの要因になる複雑性PTSDは、親の離婚、厳しいしつけ、恋人との離別、親友の裏切り、教師からの過度な叱責など、誰もが経験しうることが原因で引き起こされることがあるという。大手メーカーに勤める竹井正博さん(仮名・35歳)も複雑性PTSDによる生きづらさを感じる一人だ。

复杂性PTSD作为让人觉得活得好累的肇因,父母离异、严苛的家教、和恋人分手、朋友背叛、老师过度斥责等等这些任何人都有可能经历的事情有时都会是引发的原因。供职于一家大型制造企业的竹井正博(化名.35岁)也是因复杂性PTSD而感到活得好累的一个例子。

「物心つく頃から、家で両親がしょっちゅう喧嘩していて、子供ながらに親の機嫌をうかがいながら怯えて暮らしていました。さらに母からは『お父さんみたいにならないよう頑張って勉強しなさい』と口酸っぱく言われ、テストでいい点が取れないと叱責される毎日。『いい息子を演じ続けよう』とがむしゃらに勉強していました」

自从我懂事起父母在家就经常吵架,虽然我还小,但是就开始过经常看父母脸色的胆怯生活。甚至总被妈妈唠叨“你要努力学习,不要变成你爸那样。”那些日子里考试没拿到好成绩就要被骂。我拼命学习,“努力扮演一个乖孩子”。

おかげで学生時代の成績は常にトップクラス。友人もできたが、竹井さんは「本当の意味で人と心を通わせたことがない」と語る。

多亏这样我学生时代成绩经常在上游水平,也交到了朋友。但竹井先生说:“真正意义上还没有和人推心置腹过。”

「いつ相手の感情の矛先が自分に向くかわからないので、笑っていてもビクビクしているし、人を深く信頼できません。それに幼少期から『こう言ったら相手が喜ぶだろう』『人からこう見られなきゃいけない』とその場その場で取り繕うようなことばかり考えていたので、ときどき自分の感情がわからなくなるんです」

因为不知道对方何时会把情感的矛头指向自己,表面笑嘻嘻但内心却惶惶不安,不能深深信任他人。而且我从小开始脑子里想的尽是怎么迎合各种场面,比如“我这么说他会很开心吧”、“我必须得让他这么看待我”等等。

 

入社4年目、上司からの叱責で「何かが壊れた」

入职第四年,上司的斥责让我“不可名状的崩溃”

 

大学を卒業後に有名企業に就職。順風満帆な経歴を送ってきたが、「だましだまし生きている」という感覚は日に日に強くなっていた竹井さん。入社4年目、上司からの叱責で「何かが壊れた」という。

竹井先生大学毕业后供职一家有名企业,虽然工作经历一帆风顺,但“得过且过”的感觉与日俱增。入职第四年,由于上司的斥责让竹井先生感受到了“不可名状的崩溃”。

「強い叱責ではなかったと思うんですが、ふと涙が溢れ『もう俺は社会でやっていけないな』と感じたんです。翌日には退職届を出し、引きこもるようになりました」

虽然不是很严厉的批评,眼泪不自主地夺眶而出,我感觉到“我已经无法继续在社会上呆下去了”,第二天我就递交了辞呈,不愿再走出家门。

その後何度か再就職するも、人間関係や仕事がうまくいかなくなるたびに自分を責め、フェードアウトする道を選んできた竹井さん。現在は失業保険で生活を送る身だ。

之后几次回归工作岗位也一样,每逢人际关系或工作不顺时就会自责,竹井先生选择了淡出社会。现在靠失业保险度日。

「親にはそんな現状をまだ話していません。まだ“理想の息子”でいたいのかな……」

我还没有向父母袒露现在的情况。想着还是继续扮演“理想的儿子”……

「誰の心にもトラウマになりうる過去はある」という坂本氏。生きづらさを克服するためには、自覚のないまま放置された過去の心の傷と向き合う作業も必要なのかもしれない。

坂本医生说:“谁的内心都藏有可能成为创伤的过往。”想要克服活得好累这种感觉,也许还需要采取措施去面对不知不觉中安放在内心的伤痕。

 

複雑性PTSDのセルフ診断リスト

复杂性PTSD的自我诊断表

□ 特定の時期の夢を何度も見る

多次梦到特定时期的事。

□ 喜怒哀楽の感情が薄いほうだ

对喜怒哀乐的情感比较冷淡。

□ 感情を他人に出すのが怖い

惧怕在他人面前流露情感。

□ 思い出したくない過去がある

有不愿意想起的过往。

□ 「自分なんかどうなってもいい」と思うときがある

有时候会想“像我这样的人怎样都无所谓了”。

□ 昔の体験に関する人物(似ている人を含む)、場所、名前、時期に近づくのが怖い

惧怕接近和曾经的体验有关系的人物(包括相似人物)、地方、名字、时期。

□ 安心できる人に対して、つい攻撃的な感情が出る

对让自己感到安心的人,不自觉表现出攻击性情绪。

□ 日々のなかで「現実感がない」と感じることがある

日常生活中有时觉得“缺乏现实感”。

□ 夜になると怖い

到晚上就害怕。

□ 人を信じられない

无法信任他人。

<0~2個>
0~2個ならば複雑性PTSDの可能性は低いと考えられるものの、過去のトラウマに対する自覚があるならば医師に相談すべき
0~2项的话可以认为是复杂性PTSD的可能性较低,但如果对过往的内心创伤有自我感觉的话还是应该找医生咨询。

 

<3~10個>
3~10项複雑性PTSDの可能性が高い。すでに日常生活に支障が出ているケースも十分考えられるため、専門家への受診が推奨される

复杂性PTSD的可能性高。甚至可以充分认为已经出现给日常生活造成障碍的情形,建议接受专家诊疗。

カテゴリー: 日中両語

0件のコメント

コメントを残す