コンビニエンスストア最大手のセブン?イレブンが来年の元日に約50店舗を休業する実証実験を行うことを明らかにしました。

最大的便利店7-eleven明年元旦将进行约50家店铺停业的实证实验。

 

これまでにセブン?イレブンは全国の一部店舗で深夜の営業を取りやめ、

到目前为止,7-eleven在全国的一部分店铺取消了深夜的营业,

 

時短営業の実施に向けて加盟店のオーナーにガイドラインを配布しています。

为了实施短时间营业,给会员店的老板分发指导方针。

 

こうしたなかで、東京都内の直営店を含む約50店舗で来年の元日を休業にする実証実験を行う方針を決めました。

在这样的情况下,包括东京都内的直营店在内的约50家店铺决定了进行明年元旦停业的实证实验的方针。

 

人手不足が深刻化するコンビニ業界では、ローソンも全国の最大100店舗で元日の休業実験を行うと発表しています。

在人手不足严重的便利店行业,罗森也声明说全国最多100家店铺将进行元旦的停业实验。

 

ただ、一部のオーナーからは「実験対象は本部が選ぶので、本当に休みたい店は休ませてもらえない」と不満が出ています。

只是,一部分的老板抱怨“实验对象是总部选择的,真正想休息的店不能休息。”

 
カテゴリー: 日中両語

0件のコメント

コメントを残す